ブログ始めました

2020年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
SNSフォローボタン
acoをフォローいただける方はこちら
mugnet

笑顔って最強だと思っているaco です

ピンクアフロがaco です笑笑

私acoは身長約170センチ、プロレスラーのような風格、足のサイズは26,5センチの大女です(笑笑長男野球仲間からついたニックネームは「魔王」なんだかとっても無敵だからという理由らしいです笑笑

イタズラ大好き、サプライズ大好き、わいわいするのが大好き!!!

保育士として10年ほど働き
現在中学生の長男と小学生の地元小に通っている脳性麻痺の次男を育てている2児の母をやりながら「一般社団法人マグネット」を今年ママ友とスタートさせたばかりです

子どもを普通に生むってどういうこと?

子ども達二人とも出生時に難ありで出生後母子分離し、妊婦入院中は一時外出をして通い妻ならぬ、通い母でした。

長男は出生時に呼吸器系で救急搬送され、専門の病院にてNICUに入院。私は産後退院後、そのまま長男の付き添い入院へ。
次男は8か月の時に突然の破水、かかりつけの市民病院では対応できないと言われ緊急入院したその夜中に県内トップの大学病院で妊婦のICUに転院。
31週で次男を出生しNICUに入院、生後2週間で「脳室周囲白質軟化症」(脳性麻痺)と診断。

我が息子達は2人ともNICUにお世話になりました。安産で生むって難しかったー!!!子どもを生むって命がけだったー!!!

次男の診断で揺れ動く心境

いつも笑顔が絶えない主治医が「お話があります。できればご主人も一緒がいいです」と真顔で言われました。

あー、コレはヤバイやつなのかも。。。

直感は的中。原因は不明。

いや、先生。私理由が欲しい。私のせいで構わない。理由があれば立ち上がれる。このショックをどこにぶつければいいかわからない。。。

真っ暗なトンネルにポンと車から降ろされた感じ。先も全く見えない状態。

夫のショックも目の当たりにして、もう2人で無言。一握りの可能性を信じて臨んだMRIの診断も叶わず。

次男の脳の4割が壊死状態でした。

真っ暗なトンネルにいる自分がどんどん小さくなっていくような感覚に襲われました。

どうなっちゃうの。。。

障害を持ったから終わりではない子ども達の人生は始まったばかりなんだよ

「お母さん、次男君を見て。あんなにも小さい体で生きようとしている。この子は障害を持って生まれてきたから終わりじゃない。この子の人生は今始まったばかりなんだよ。」

そう主治医に言われて、保育器を見るとたくさんの管につながれているちいちゃな我が子は一生懸命に息をしていて。

この子の人生は始まったばかり

あー、私はこの子の人生の一番の応援者なのか

私の役目は、この子を健康に生きられるように育てていくこと。

そして、障害の弟を持った長男が長男らしく生きていけられる環境を作ろうと腹をくくりました。

子ども達の笑顔を道しるべに学んだこと

成長していく中で一喜一憂の日々。心の中は色んな思いで溢れることもありました。

なんでそんな思いを持ってしまうのか、自分自身を見つめる日々でもありました。

周りの目を気にする自分、励ましの言葉を素直に受け取れない自分、普通に育っているご家庭を羨む自分。。。

次第に無意識のモノサシで子ども達を自分自身を苦しめていたことに気づきました。

私のモノサシを捨てよう。

自分を解放してあげよう。

モノサシがなくなり、何を道しるべにしていくのか考えた時「子ども達の笑顔」にたどり着きました。

この子達が大人になった時、色んな方々に支えてもらいながら、楽しく暮らしていけるために今なにができるのか。

そこだけに集中しよう。

そう思えるようになってから、私の人生がガラリと変化していきました。

この子達の笑顔と目をキラキラ輝かせている姿を道しるべに突っ走って来た10年は、子ども達からたくさんの学びをもらいつづけてきた10年だったのです。

■できないと決めつけない
■みんなと一緒でなくてもいい
■いろんな価値観の人と共になにかを作り上げていくことの大切さ
■楽しんだもん勝ち
■笑顔の連鎖が奇跡を起こす
幸せのカタチ
■流れていくことの大事さ

さらに、自分達が経験してきたことが未来の障がい児家族のヒントになればいいなと思うようになりました。

笑顔を繋げられる人になりたい

笑顔をキーワードに突っ走ってきた私。絶対に叶わないという事が叶うようになりました。

ひとりではできなかったこともたくさんの方々から支えていただきできるようになりました。

この経験を他の方の笑顔に繋げたい。

そう思うようになりました。

また、同じタイミングで私の経験してきたことをブログで書いたらいいよと、多方面の方々からアドバイスをいただき、笑顔を繋げる為にはブログスタートが大事なのかもと自分の中にストンと落ちました。

ようやく、ようやくのスタートです。

どうぞ、よろしくお願いいたしまーーす!

笑顔の連鎖が奇跡を起こす

お気に入りの幼い次男とのツーショット

コメント